忍者ブログ

マビノギブログ

くまさんサーバーの女帝こと時流さんが持ち前のドSな性格と執念をもってかき乱す物語。とりあえず、お前にレインボー。
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[05/30 相坂 時流]
[05/30 相坂 時流]
[05/30 相坂 時流]
[05/30 一条未咲]
[05/28 一条未咲]

2018/08/19
16:46
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/05/26
21:54
侍女長の日記 -3

 そうだ。すべての始まりはあのときだ。
反芻する過去。もう、戻りようのない過去。

 お嬢様が右目をボルトで打ち抜かれたとき。
絶命寸前の彼女に頼まれて宝物庫から強引に持ち出した、あの紅い液体。
じいや曰く『エリクシル』『第5実態』そして『賢者の石』と呼ばれる秘宝。
それがたちまちにして彼女の傷を癒し、そして、力を与えた。
そう。それが錬金術における等価交換を打ち破るものだと知ったのは、後のことだ。

 強化人間(ブーステッドマン)。
その言葉が相応しいかもしれない。
「で、女子供も皆殺しにせよという命令が履行されていない。どういうことだ」
横一列に並ぶ将帥たち。みな、タラより南西で勃発した移民の無届けデモを鎮圧してきた。
デモの原因は愚かにも衣食住と医療の保障を求める、移民らしいといえば移民らしい行動。
それを徹底した殺戮を以って排除し、文句があるなら出て行くことを促進するような惨劇に
仕上げて来いという命令を受けていた。
「はっ!しかしながら申し上げます!武人たるもの女子供には」
言葉は続かない。
いつ鞘から抜き放ったか見えなかったが、トキール公が手を少し動かした刹那。
ロートマン少将の眉間から後頭部が突き抜かれ、血と脳漿を噴き出して斃れる。
「武人の誇り?君主の命にも勝る誇りなどない。愚か者め」
ニヒルな笑みを浮かべ、隣にいたホフマン准将に問う。
「貴様の言い訳は?」
「…」
釈明なし。ただ黙って立ち続ける。
いや、厳密には黙るしかないのだ。
喉笛を、掻き切られて絶命してた。
「ヒトとは脆いものだ。切っ先が触れただけで即死とは。手心など加えたくもない」
悪魔は、命じる。
「死体はバラして野犬にでも食わせればいい。そこの3人は」
シュタイナー中将、グルンヴァルド大佐(連隊長)、エドガー中佐。
「生きたまま皮を剥げ。そのまま塩漬けにして故郷に送り返してやれ」
慟哭。親衛隊がニヤニヤしながら、必死に抵抗する3人を殴打しつつ連行する。
「せいぜい泣き喚け。私を呪いながら死ね。この死ねない体を呪いながら」
「グライム大佐の近衛第1連隊を当該地域の治安維持に宛てる。殲滅戦だ。楽しめ」
「はっ!」
歴戦の近衛第1連隊は血の気の多いことでよく知られている。
家を焼かれ、稼ぎ頭を殺され、路頭に迷う女子供を笑いながら殺すだろう。
そのはらわたを生で噛み千切り、王の勝利を叫ぶだろう。
「所詮移民は移民。エイリフは移民を認めない。住み着けば殺す。それだけだ」
そして彼女は地図を広げ、各所にダーク(ナイフの一種)を突き刺す。
「この箇所は移民のスラム街がある。焼き払い殺し尽くせ。手段は選ばん」
「承知しました。今夜にでも決行します!」
「吉報を待っている」
それだけ言うと、彼女は親衛隊に護られ、執務室を後にした。

 その晩、タルティーン郊外に安住の地を見出したシドスト族(シドスネッター北部の原住民)
コロニーは、同地駐留の第2歩兵師団8500名によって攻囲を受け、住人300人が無残にも
生きたまま焼かれ、滅多撃ちにされ、刺殺斬殺など大方思い付く限りの残虐な方法を以って
屠られた。それとは別に若い女80人あまりが生きたまま連行され兵士達の慰み者にされ、
殺された後タルティーンの外堀に投げ捨てられた。
 その翌日にはタルティーン銀鉱の移民労働者居住区が武装親衛隊の攻撃を受け、
全員が殺害され、はらわたが飛び出したまま、街頭に吊るされた。
移民の一斉移動が始まり、エイリフ領内の移民は一気に数を減らす。
…たった一人の悪魔は、先代、先々代からの問題を、たった1週間で、それも人間を越えた
獣の心を以って、終わらせてしまった。

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

無題
2012年05月27日日

―最早、「暴君」等と云う旧い言葉では言い表すに足りない。

―人の顏をしてはいるが…その中身たるや、正しく獣であった。


つってな。

Re:侍女長の日記 -3
2012年05月30日水

誰がケモノババァか!

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら